本文へスキップ

奥多摩・日原川大麦谷High Graed Hiking & SawaNobori

沢登り季節到来−訓練を実施

                                 うらちゃんで〜す 4月10日

 4月上旬に「沢登りはじめ」をやろうということで、都連盟・救助隊に登録しているメンバーで話し合い、日原川上流の犬麦谷に行ってきました。
 ことし初めての沢なので、いろいろと訓練をしながら登ることになり、@沢での確保の練習、A支点のとり方、Bザイルの出し方、C懸垂下降の練習、Dハーケンの打ち方など、これからの沢登りで必要な練習と、もしケガ人などが出て沢を下る必要がある場合を想定して沢を下ってきました。基本的には沢は登るもので、危険なので下るものではありません。今回は特別の訓練ということで実施しました。
滝を懸垂下降



 今年は雪が多かったので寒いのではないかと思っていましたが、天気がよく、南向きの谷だったことから太陽の日を浴びながら気持ちよく登ることができました。途中、大きな大木(もみの木と思う直径1メートルぐらい)が、雪の重みでなのか、斜面の岩を道連れに沢に倒れこんでいました。そこには雪渓が残っていて、その上に土砂と大木が倒れこんでいるのでここを通過するのは結構大変でした。そして、その上流には鹿の死骸が流れの中にありました。岩の上から雪に足を滑らせて落ちたのか、まだ肉がいっぱい付いていました。



確保しながら滝登り







 途中で、温麺をつくって食べましたが、沢で食べる暖かい素麺は最高ですね。沢の訓練なので、必要なところではザイルを2本つないで滝を懸垂下降するなどして沢を下ってきました。
 参加したメンバーは、いい訓練になった、毎年沢に入渓する前に訓練したほうがいい、という感想も出ていました。






























バナー
スペース

石神井山の会からお知らせ

  • 入会希望者対象の説明会を開催   

    当会に入会を希望される方を対象に、説明会を以下の通り開きますお気軽にお越しください。

    4月8日(日)午後2時〜3時  練馬区男女共同参画センター 3 階第3研修室


定例会ミニ講座カリキュラム

  ・計画中




更新 2012/03/20

SINCE 2001/06