本文へスキップ

奥多摩・唐松谷High Graed Hiking & SawaNobori

奥多摩でも最高クラスの沢ではないか

                                7月9日(土)  うらちゃんで〜す

 7月9日の土曜日、Ki君とKo君と3人で奥多摩日原川支流の唐松谷に入った。日原鍾乳洞から日原林道を6.5キロほど走り、大雲取谷のすぐ手前の谷で日原川に4mの滝が落ちているのが唐松谷である。日原林道から10分ほど下るとワイヤーでできたつり橋に到達する。このつり橋の左側に唐松谷出会いの4mの滝が見える。橋の上から見るこの滝をどのようにして登るのだろうと考えながら、とにかく近くに行って見なければと、つり橋は渡らずに橋の袂の右側から日原川に入る。橋のしたの流れを渡るとそこが唐松谷の出合だ。

 唐松谷出合の4mの滝は、梅雨の最中でもあり、水量は多く、ものすごい音を立てて落ちている。どこから登ろうかと思いながらしばらく滝の流れを眺め、滝の両岸を観察していると、登れるようなルートが見えてくる。右岸からとりつく。とりついて見ると案外簡単に登ることができた。

 最初の滝から30分ほど登っていくと3段16メートルの野陣の滝が現われた。2名の入渓者が人がザイルを使って登っているのが見える。解説書によると4級の滝だ。私たちもザイルを使い、確保してもらってうらちゃんで~すがトップを登る。2箇所ハーケンが打ってあり、ホールドもしっかりしているが濡れていて滑りやすいので注意してのぼり、1段目の滝の上で支点を見つけて確保。そのあと2人が登ってくる。2段目の滝も同様にザイルをはって登った。

 



























バナー
スペース

石神井山の会からお知らせ

  • 入会希望者対象の説明会を開催   

    当会に入会を希望される方を対象に、説明会を以下の通り開きますお気軽にお越しください。

    4月8日(日)午後2時〜3時  練馬区男女共同参画センター 3 階第3研修室


定例会ミニ講座カリキュラム

  ・計画中




更新 2012/03/20

SINCE 2001/06