本文へスキップ

岩登り講習会 記録のページ 実技5回目Climbing School

            

☆机上講習2回目 9月25日(水)午後7時〜9時 えーる・第二研修室
☆実技講習5回目 9月29日(日)午前10時〜午後4時 ベースキャンプ

記録=机上講習 9月25日(水) えーる第二研修室

机上講習の様子

9月25日(水)、えーる
  • ・出席=講師1人、アシスタント1人、受講者8人、事務局1人
  • ・テキストに基づき、リードクライミングと懸垂下降について学んだ。

講習内容

  1. リードクライミング
    • リードクライミングのリスクを自覚する
      ・トップロープに比べ大きなリスク。落ちれば大けがや死亡事故につながる要素がある
    • リードクライミングをする前に
      • 自己コントロール
      • リスクの理解
      • クリップの仕方の練習
      • 終了点の処理(結び換え)の方法の理解
      • やってはいけないことを理解する
        • たぐり落ち(落ちる距離が長い)
        • ロープまたぎ(逆さ落ちの危険)
        • 逆クリップ(カラビナにクリップするロープは必ず壁側から手前に向かって通す)
        • Zクリップ(動けなくなる危険)
        • 正しいライン取り(カラビナのゲートは常にクライマーが進む方向の逆になる)
        • クリップ飛ばし(落ちる距離が長くなる)
    • プロテクションの種類とクリップの方法を理解する
      • リングボルト、ハーケン等の強度の低いプロテクション
      • 十分な強度のあるプロテクション
      • カム類、ナッツなどのナチュラルプロテクション
    • 確保技術
      • 登りはじめのリスクの理解
      • 立ち位置の確認
      • クライマーの動作のイメージ化
      • クライマーとの連携
      • ロワーダウン(終了点での結び換え)時のクライマーとの意思疎通
      • たぐり落ち時の対処
      • ロープの送り出しとテンションのかけ方(ロープのたるみを少なくする)。素早い行動と立ち位置の移動、上下の運動
  2. 懸垂下降
    • 下降支点の強度の見極め
    • 下降途中のアクシデントへの対応
    • ロープの径、荷重の違いによって下降技術を選択する
    • 基礎技術(2種類の下降技術、末端の結束、二本のロープの結束法、ロープのセット、回収等)の習熟

記録=実技講習5 9月29日(日)クライミングジム・ベースキャンプ

講習内容

クイックドローへのロープのクリップの方法

ゲートの向きや左右のどちらの手で行うかによって、ロープの持ち方が変わってくる。クイックドローは支点側にウエビングプロテクターがない方(自由に動く)をクリップする。











  1. クリップのやり方(何度も練習が必要)
    • 右手で右向きゲート、左向きゲートにクリップ
    • 左手で右向きゲート、左向きゲートにクリップ
  2. やってはいけない危険なクリップ
    • 逆クリップ
    • Z(ゼットクリップ)
    • カラビナを握る
  3. 実際のリードクライミング
    • リードクライマーとビレイヤー、クライマーのトップロープでの確保者、計3人一組で練習。トップロープの確保はゆるめで行う。
    • 結び換え
      壁のにあるリングで実施。リングにロープ2本通る場合と、1本の場合の2通りの練習を実施

3人一組で練習

クライマーをトップロープで確保した上で通常のリードクライミングと同じようにビレイヤーが確保し、リードで登ります。トップロープはゆるめに確保。クライマーはスムーズにクリップできるように、何度も練習が必要です。

ビレイヤーの確保も難しい

ロープは緩みすぎないように。出だしはグランドフォールの危険があるので、特に要注意。2〜3カ所,クリップするまでは最新の注意が必要。同時にクライマーがたぐる時にテンションがかからないように、スムーズにロープを出すことも大事です。

































結び換えの練習

本番のリードクライミングでは、終了点で下降するために、支点にロープを掛け替える作業が必要。ロープを緩めてもらうなど、ビレイヤーとの意思疎通も必要です。

クリップする時のロープの持ち方

右のゲートから掛けるときと左のゲートから掛けるときではロープの握りが変わります。瞬時に判断できるようになることが大事です。

今後の予定

・実技講習E 10月6日(日)午前9時〜午後3時
               平戸の岩場(東吾野)(雨天室内ジム)
・実技講習F 10月27日(日) 午前9時〜午後3時
               日和田山(雨天室内ジム)
・机上講習B 10月30日(水) 午後7時〜9時



岩登り教室実技3






クライミングをやってみたい会員用メーリングリスト参加フォーム

クライミングをやってみたい会員のためのメーリングリストです。登録すると自主トレの案内などが届きます。自主トレに誘ってほしい場合にも活用できます。情報の交流にも活用してください。(岩登り受講生限定や経験者限定などの場合もあるので、あらかじめご了承ください。その場合は明記します)
お名前、メールアドレスを入力の上、「参加」をクリックしてください。仮登録のメールが届きますので、本登録をしてください

お名前 メールアドレス






バナー
スペース





更新 2012/04/01

SINCE 2001/06
Total:
Today:
Yesterday: