第3回岩登り教室に23人

6月16日(日) 日和田山ゲレンデ 

クライミング教室も3回目を数え、今期教室の最終回を迎えた。総勢23人が参加。日和田山女岩にトップロープ3本を張り、登山靴によるクライミングに挑戦してもらった。前日の大雨で岩は黒光りするほど濡れていたが、初心者を含め滑る岩に果敢に挑んだ。

 

 

岩稜訓練の仕上げ山行 秩父/二子山・西岳上級コース

2019年6月9日 23人参加

貸し切り岩稜に23人 雨にも負けず頑張りました!

今夏の合宿地、剱岳を目指した岩稜訓練の仕上げとなる二子山・西岳上級コースに23人が参加。雨模様が心配されたが、リーダーは決行を決断。尾根上は心配された雨もあがり、無風。クライミングぽい登りも意外と滑らず、緊張の痩せ尾根も無事通過することができた。

帰りはバスを途中下車して、リーダーが予約しておいたもつ焼き講習会へ。「この間のクライミング体験や岩稜訓練が役立った」「楽しかった!」など参加者からの感想も多く聞かれ、充実の一日を満喫したようだ。

みなさんお疲れさまでした!

山の筋力アップ日常から 石田先生の講習に45人

2019年6月5日(水) 練馬区男女共同参画センター

 いつまでも山を元気に安全に楽しみたい! そんな中高年登山者の願いに応えようと6月5日、山筋ゴーゴー体操の考案者で、筋力トレーニングから栄養摂取、生活習慣など、総合的な視点で的確な指導に定評のある石田良恵先生(日本ウエルネススポーツ大学教授)を招き、「登山・ハイキングのための筋力維持と強化」をテーマにした講習会を開催しました。会場の練馬区・男女共同参画センターには石神井山の会の会員を中心に、45人が参加しました。

 石田先生は、はじめにスライドを使って登山に必要な筋肉とそのトレーニング方法について解説。筋肉には持久力と瞬発力に必要な2種類があり、そのうち加齢とともに衰えるのが瞬発的に動かす筋力で、そのために転倒しやすくなると指摘。しかし正しいトレーニングを継続することによって年齢に関係なく強化できると強調しました。またタバタメソッドを取り入れることで、短時間のトレーニングでより効果があがる方法があることも紹介しました。
 後半ではトレーニング法の実際について、手本を示しながら講義。椅子に座ったままや、つかまりながらでも効果があがるトレーニングや、ウオーキングでは効果が得られない脚の筋力アップに効果的なスローランニングの走法など、高齢者でも気軽にできるものを紹介。参加者も指導を受けながら熱心に体を動かしていました。参加者からは「なかなかきついが効果はありそう」「短時間なので、これなら普段からできるかもしれない。来てよかった」などの声が聞かれました。

 

 

 

 

 

テント泊訓練に11人

南八ヶ岳・天狗岳 2019年5月27~28日

テント泊初心者を対象にした訓練山行を八ヶ岳の黒百合ヒュッテのテン場で実施。11人が参加した。好天に恵まれたが、朝はさすがに氷が張るほどの冷え込みで、「寒くて目が覚めた」という参加者も。

計画では初日に東天狗岳をピストン予定だったが、翌日に繰り延べ、すぐに宴会と食事に移行。翌朝は3時起床で食事後、撤収。予定通り5時すぎには出発できた。一部登山道に残雪が残り、下りは軽アイゼンを着用したが、ほぼ計画通り稲子湯温泉に1時に到着。汗をさっぱり流し、14時のバスで帰路についた。

岩稜帯通過のための実技講習を実施 @伊豆ケ岳

2019年5月19日(日) 伊豆ケ岳

今年の夏合宿は剣岳、立山連峰など岩稜帯の通過が肝となるため、何回かに分けて岩稜帯を安全に通過するための訓練を実施。今回は伊豆ヶ岳の東尾根と男坂で行いました。18人が参加し、3点確保(3点支持)による登り、下りを繰り返し練習しました。