指揮者の男性 ロッククライミング中に転落か 日和田山

ロッククライミング中に転落か 日和田山 LINE既読にならず妻が通報
埼玉新聞4/9(火) 7:14配信から

 8日午前6時40分ごろ、埼玉県日高市高麗本郷の日和田山で、東京都羽村市小作台2丁目、指揮者寺島康朗さん(58)が岩場に倒れているのを捜索中の飯能署員が発見した。寺島さんは心肺停止の状態で死亡が確認された。同署はロッククライミング中に転落し、頭部を強く打ったとみて調べている。

 同署によると、現場は日和田山中腹の男岩(高さ約22メートル)で、ロッククライミングスポット。高さ15メートル付近のせり出した岩場からロープが垂れており、そこから寺島さんが誤って転落したとみている。

 寺島さんから7日午後4時16分に、家族にLINE(ライン)で「日和田山に来ている」と送信があり、妻が返信したが既読にならず、同日午後8時になっても帰宅しないことから110番した。寺島さんは大学時代からロッククライミングを始め、男岩にも何度か訪れていた。事故当日は1人で訪れていたという。

 寺島さんがかつて所属していた日野市民オーケストラによると、寺島さんはナゴヤシティ管弦楽団(現セントラル愛知交響楽団)などで指揮。海外での指揮経験もある。

北アルプス涸沢岳で1人が転落死

北アルプス涸沢岳で1人が転落死 岐阜県高山市の男性会社員
2019/03/24 18:03  (CBCテレビ webから)

 24日午前11時すぎ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の北アルプス涸沢岳(からさわだけ)で、「1人が足を滑らせ滑落した」と、一緒に山を登っていた仲間から通報がありました。

 岐阜県の防災ヘリが捜索し、標高2050メートル付近で男性を発見しましたが、その場で死亡が確認されました。

 死亡したのは高山市の男性会社員(58)で当時、地元山岳会の仲間3人で涸沢岳の頂上に向かっていて、標高2700メートル付近から転落したと見られています。

会創立25周年記念/植樹祭を開く


10月21日(日)、植樹祭がユガテで行われました。

植樹祭2

植えたのはシダレザクラ。みんなで穴を掘り、水をたっぷりかけて、土をかけました。

植樹祭

プレートの裏には、参加者全員で寄せ書きもしましたよ。

あとはシカに新芽を食われないように対策をする必要があるとの注意が、地主さんからあり、

後日、どのような対策、資材が必要かを調べた上で、再訪する計画です。

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

(中日新聞web2018/10/29から)

長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。