指揮者の男性 ロッククライミング中に転落か 日和田山

ロッククライミング中に転落か 日和田山 LINE既読にならず妻が通報
埼玉新聞4/9(火) 7:14配信から

 8日午前6時40分ごろ、埼玉県日高市高麗本郷の日和田山で、東京都羽村市小作台2丁目、指揮者寺島康朗さん(58)が岩場に倒れているのを捜索中の飯能署員が発見した。寺島さんは心肺停止の状態で死亡が確認された。同署はロッククライミング中に転落し、頭部を強く打ったとみて調べている。

 同署によると、現場は日和田山中腹の男岩(高さ約22メートル)で、ロッククライミングスポット。高さ15メートル付近のせり出した岩場からロープが垂れており、そこから寺島さんが誤って転落したとみている。

 寺島さんから7日午後4時16分に、家族にLINE(ライン)で「日和田山に来ている」と送信があり、妻が返信したが既読にならず、同日午後8時になっても帰宅しないことから110番した。寺島さんは大学時代からロッククライミングを始め、男岩にも何度か訪れていた。事故当日は1人で訪れていたという。

 寺島さんがかつて所属していた日野市民オーケストラによると、寺島さんはナゴヤシティ管弦楽団(現セントラル愛知交響楽団)などで指揮。海外での指揮経験もある。

北アルプス涸沢岳で1人が転落死

北アルプス涸沢岳で1人が転落死 岐阜県高山市の男性会社員
2019/03/24 18:03  (CBCテレビ webから)

 24日午前11時すぎ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の北アルプス涸沢岳(からさわだけ)で、「1人が足を滑らせ滑落した」と、一緒に山を登っていた仲間から通報がありました。

 岐阜県の防災ヘリが捜索し、標高2050メートル付近で男性を発見しましたが、その場で死亡が確認されました。

 死亡したのは高山市の男性会社員(58)で当時、地元山岳会の仲間3人で涸沢岳の頂上に向かっていて、標高2700メートル付近から転落したと見られています。

北アルプス唐松岳で遭難事故相次ぐ

北アルプス唐松岳で遭難事故相次ぐ
2019/03/24 09:42 (SBCニュース webから)

北アルプス唐松岳できのう3件の遭難事故が相次ぎ、警察が登山者に注意を呼びかけています。
唐松岳ではきのう昼前、標高およそ2、500メートルの丸山ケルンと呼ばれる場所の近くで、大阪府の35歳の女性が滑落したと警察に救助要請がありました。
また午後に入ってから、それぞれ別に登山していた男性2人が、丸山ケルンの近くを下山中に滑落しました。
3人のうち、京都府の30歳の男性が足などに軽いけがをして警察のヘリコプターで救助されたほか、35歳の女性はけがをしているものの自力で歩くことができ、警察の救助隊と近くの山荘まで避難しました。
もう1人の東京都の50歳の男性とは携帯電話で連絡が取れていて、警察は天候の回復を待って救助に向かうことにしています。
大町警察署によりますと、八方尾根から唐松岳付近では今年に入って去年より12件多い13件の遭難が発生しています。
警察は冬山の初心者は入山を控えることや、天候や山の状況を確認して慎重に行動するよう呼び掛けています。

山頂で男性死亡 新潟・群馬の仙ノ倉山

山頂で男性死亡、登山で不明の会社員か 新潟・群馬の仙ノ倉山
2019.3.25 (NHK webニュースから)


 新潟県警南魚沼署は25日、群馬・新潟県境に位置する仙ノ倉山(2026メートル)の山頂付近の新潟県湯沢町内で、心肺停止状態の男性を発見し、間もなく死亡を確認したと明らかにした。男性の服装などから、登山に出掛けて連絡が取れなくなり、捜索中だった会社員、高橋裕治さん(57)=横浜市=の可能性があるとみて調べている。
 署によると、高橋さんは今月21日に付近に入山したが、23日を最後に連絡が取れなくなり、24日に妻が「夫が下山してこない」と署に届けた。

北ア鹿島槍ヶ岳で男性2人遭難か

北ア鹿島槍ヶ岳で男性2人遭難か (NHK webニュースから)
03月26日 06時15分

 長野県にある北アルプスの鹿島槍ヶ岳で登山をしていた新潟市の男性2人と連絡が取れなくなっていて、警察は遭難した可能性があるとみて、26日朝から捜索を行っています。

 警察によりますと、連絡が取れなくなっているのは新潟市の会社員、山宮秀樹さん(44)と豊岡信之さん(47)の2人です。
25日昼前、所属する山岳会から「下山予定日を過ぎても連絡が取れない」と通報があり、警察が確認したところ、ふもとの登山口付近の駐車場に2人が乗ってきたと見られる車が残されていたほか、2人の携帯電話は通話ができない状態だということです。

 提出された登山計画書では2人は今月23日の早朝に入山し、鹿島槍ヶ岳を登って24日下山する予定だったということです。警察は遭難した可能性があるとみて、25日捜索を行いましたが、2人は見つかっておらず、26日朝からふたたび捜索を行っています。
 北アルプスでは、今月、遭難事故が相次いでいて、警察は登山者に対し、天候や積雪などの状況を確認し、安全を確保して行動するよう呼びかけています。

山岳救助ヘリ 有料出動6件 有料化1年の埼玉県

信濃毎日新聞 ウェブ版2019年01月16日から

全国で初めて、公的なヘリコプターによる山岳救助を有料化する改正条例を2018年1月に施行した埼玉県は16日、この1年間に条例を適用した救助は6件あり、徴収した手数料は総額35万円だったと明らかにした。

条例は、無謀な登山を減らすなどの狙いで17年3月に県議会で成立。県は条例に基づき、県内6カ所の区域で遭難した一般登山者を対象に、5分ごとに5千円の手数料を徴収すると定めている。学校行事や救助活動で山に入った人などは除く。17年に実施した救助のうち、施行後であれば有料化の対象だったのは9件。

山の怖さ知って 県警、遭難救助の動画公開

山の怖さ知って 県警、遭難救助の動画公開

(中日新聞web2018年10月18日より)

 長野県警が公式ホームページで公開している山岳遭難救助活動の動画が再生数を伸ばしている。今年1月から公開を始め、10万回以上視聴された動画もある。県警は、山岳遭難救助隊員が撮影した生々しい現場の映像を通し、危険を伴う登山への注意を促している。

 雪が残る春の尾根筋で、遭難者がいるテントに近づく救助隊員。強風が吹き付ける音だけが響く。「どうした?」。到着した隊員の問い掛けに、テント内にいた遭難者が「滑落して脚が…」と弱々しく答えた。歩けない遭難者を隊員が背負って移動し、ヘリコプターに収容した。

 白馬岳での遭難現場を撮影した約3分半のこの動画は5日現在で、13万8000回以上再生されている。単独で山に入った遭難者が登山道から100メートル滑落。携帯電話を紛失し、テントでビバークしていた。会社の同僚からの通報で遭難が発覚し、発生から3日目に遭難者を救助した。

 動画の最後には「遭難者が無事に生還できた理由が分かりますか」と文字で視聴者に問い掛ける。理由として「同僚に行き先、日程を伝えていた」「登山計画書を提出していた」などを挙げた。その上で▽救助要請できない▽捜索開始まで時間を要する▽発生する全てのことに1人で判断し、行動しなくてはならない-と単独登山の危険性を訴えている。

 県警は2カ月に1回のペースで追加し、ゲレンデ以外で滑るバックカントリースキーや雪山登山で道に迷った遭難など動画4本を公開。それぞれ2万回以上視聴されている。動画は、隊員のヘルメットに取り付けられた小型カメラの映像を中心に編集。隊員目線の映像からは命懸けの救助現場の臨場感が伝わる。

 県警山岳安全対策課の山崎敏郎次長は「登山前に見てもらえれば、山の怖さを知ってもらえる。映像から現場の状況を感じ、遭難防止に役立ててもらいたい」と話す。「長野県警動画コーナー」で検索。

長野県警リンクhttps://www.pref.nagano.lg.jp/police/sangaku/movie/sounankyujo.html

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

(中日新聞web2018/10/29から)

長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬
2018.10.30 (産経新聞 THA SANKE NEWSから)

28日午後4時10分ごろ、富岡市妙義町諸戸の妙義山登山道で、東京都江戸川区東小岩の無職、河野寛司さん(75)が遺体で見つかった。発見場所は崖下約70メートルの地点で、富岡署は滑落したとみて調べている。

同署によると、河野さんは8人で登山をしていた。同日午後、「グループの1人が行方不明になった」と消防に通報があり、捜索していた

【山岳遭難ニュースから】北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜

北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜
10月21日 23:02 (朝日新聞デジタルより)

岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳で20日午後5時35分ごろ、茨城県土浦市の会社員女性(51)ら男女3人の登山パーティーから「雪で動けない」と長野県警に通報があった。岐阜県警高山署によると、長野県警が21日朝にヘリコプターで3人を救助したが、女性が凍死した。緊急の野営(ビバーク)に必要な道具は持参していなかったという。
高山署によると、同行した愛知県大府市の会社員男性(51)、三重県鈴鹿市の会社員男性(59)にけがはないという。3人は西穂高岳側の山荘で19日に1泊し、20日は西穂高岳から奥穂高岳の北にある穂高岳山荘に向かっていた。遭難した現場付近には当時、5センチの積雪があり、気温も零下で強風だったという。