山の筋力アップ日常から 石田先生の講習に45人

2019年6月5日(水) 練馬区男女共同参画センター

 いつまでも山を元気に安全に楽しみたい! そんな中高年登山者の願いに応えようと6月5日、山筋ゴーゴー体操の考案者で、筋力トレーニングから栄養摂取、生活習慣など、総合的な視点で的確な指導に定評のある石田良恵先生(日本ウエルネススポーツ大学教授)を招き、「登山・ハイキングのための筋力維持と強化」をテーマにした講習会を開催しました。会場の練馬区・男女共同参画センターには石神井山の会の会員を中心に、45人が参加しました。

 石田先生は、はじめにスライドを使って登山に必要な筋肉とそのトレーニング方法について解説。筋肉には持久力と瞬発力に必要な2種類があり、そのうち加齢とともに衰えるのが瞬発的に動かす筋力で、そのために転倒しやすくなると指摘。しかし正しいトレーニングを継続することによって年齢に関係なく強化できると強調しました。またタバタメソッドを取り入れることで、短時間のトレーニングでより効果があがる方法があることも紹介しました。
 後半ではトレーニング法の実際について、手本を示しながら講義。椅子に座ったままや、つかまりながらでも効果があがるトレーニングや、ウオーキングでは効果が得られない脚の筋力アップに効果的なスローランニングの走法など、高齢者でも気軽にできるものを紹介。参加者も指導を受けながら熱心に体を動かしていました。参加者からは「なかなかきついが効果はありそう」「短時間なので、これなら普段からできるかもしれない。来てよかった」などの声が聞かれました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA