北ア鹿島槍ヶ岳で男性2人遭難か

北ア鹿島槍ヶ岳で男性2人遭難か (NHK webニュースから)
03月26日 06時15分

 長野県にある北アルプスの鹿島槍ヶ岳で登山をしていた新潟市の男性2人と連絡が取れなくなっていて、警察は遭難した可能性があるとみて、26日朝から捜索を行っています。

 警察によりますと、連絡が取れなくなっているのは新潟市の会社員、山宮秀樹さん(44)と豊岡信之さん(47)の2人です。
25日昼前、所属する山岳会から「下山予定日を過ぎても連絡が取れない」と通報があり、警察が確認したところ、ふもとの登山口付近の駐車場に2人が乗ってきたと見られる車が残されていたほか、2人の携帯電話は通話ができない状態だということです。

 提出された登山計画書では2人は今月23日の早朝に入山し、鹿島槍ヶ岳を登って24日下山する予定だったということです。警察は遭難した可能性があるとみて、25日捜索を行いましたが、2人は見つかっておらず、26日朝からふたたび捜索を行っています。
 北アルプスでは、今月、遭難事故が相次いでいて、警察は登山者に対し、天候や積雪などの状況を確認し、安全を確保して行動するよう呼びかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA