御嶽山 王滝頂上近くは静穏化

王滝頂上近くは静穏化 御嶽山噴気孔で気象庁  2月14日付 信濃毎日

 気象庁は13日、2014年に噴火した御嶽山の三つある活発な噴気孔のうち、木曽郡王滝村の王滝頂上に最も近い噴気孔が静穏化していると明らかにした。同庁は三つから各500メートルの範囲は、火山灰などがごく小規模に噴出する恐れがあり、「注意が必要」としていた。村は入山規制を続ける王滝頂上までの登山道について、安全対策を施した上で9月末をめどに規制緩和する方針で、静穏化が確認されれば安全性が裏付けられることになる。
 この噴気孔から王滝頂上までは約400メートル。同庁は雪解けを待って現地調査した上で最終判断する方針だ。静穏化が確認され、注意が必要とする500メートルの範囲が解かれれば、王滝頂上と山頂の剣ケ峰の間にあり、噴火で多くの死傷者が出た八丁ダルミも同様に範囲を外れる。ただ八丁ダルミの規制緩和は、シェルター(退避壕(ごう))設置など安全対策が済んでからになる。
 岐阜県高山市で同日、長野、岐阜両県、山麓市町村などでつくる御嶽山火山防災協議会があり、同庁が見解を示した。
 同庁は17年8月、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げたが、活発な三つの噴気孔から500メートルの範囲を「ごく小規模な噴出に注意が必要」とした。
 同庁火山課の宮村淳一・火山対策官はこの日の会合で、噴煙の高さや山頂直下の地震回数、地殻変動の面から火山活動が「少しずつ落ち着く傾向にある」と説明。王滝頂上に最も近い噴気孔について、温度が噴気孔以外の場所と同様のレベルに落ち着いているとし、「現地調査をした上で、『活発な噴気孔』から外す可能性がある」と述べた。
 村は王滝頂上への規制緩和に向け、9月末までに王滝頂上山荘併設の木造避難施設への噴石対策、鋼鉄製のシェルター新設、登山道整備を進め、山荘の解体を始める。山荘内で亡くなった人もいるため、解体前には遺族らに慰霊の機会を設ける方針で、その後、一般登山者も王滝頂上まで登れるようにする計画だ。
 ただ、この日の会合で名古屋大大学院の山岡耕春教授(地震学、火山学)は「噴煙の高さが低くなったからといって、次の噴火がすぐに起きないとはいえない」とし、引き続き警戒が必要と助言した。
(信濃毎日 2019年2月14日掲載)

中央アルプスで遭難相次ぐ 男女3人が死亡

中央アルプスで遭難相次ぐ・男女3人が死亡
2019/02/10 20:53 SBC信越放送より

中央アルプスで遭難が相次ぎ、男女3人が死亡しました。
きょう午後1時半頃、中央アルプスの宝剣岳付近で女性が滑落したと一緒に登山をしていた人から警察に通報がありました。
女性はおよそ3時間後にヘリで救助されましたが収容先の病院で死亡が確認されました。
警察が女性の身元の確認を進めるとともに滑落した原因を調べています。
また宝剣岳できのうから行方不明になっていた大阪府の会社員・小谷部明さん47歳がきょうになって発見され死亡が確認されたほか、宝剣岳の南にある仙涯嶺でもけさ、安曇野市穂高の西田由香里さん44歳が滑落して死亡しました

死亡が確認された西田由香里さんの遭難について(トランスジャパンアルプスレースのHPリンク)

中央アルプス地区山岳遭難防止対策協会
                 フェースブック 2月10日 19:01

注意して下さい!

現在中央アルプスの山域は非常に冷え込んでおります。特に稜線は冷え込んでおり先日の雨が凍り非常に硬いカチカチのアイスバーンとなっております。
またここ数日間に遭難事故及び事故に準じる状況が多発しております。
本日だけでも死亡事故3件、その他の遭難事故多数となっております。

冬山登山を計画の方は今一度装備、計画を見直し検討いただく様お願いします。

会創立25周年記念/植樹祭を開く


10月21日(日)、植樹祭がユガテで行われました。

植樹祭2

植えたのはシダレザクラ。みんなで穴を掘り、水をたっぷりかけて、土をかけました。

植樹祭

プレートの裏には、参加者全員で寄せ書きもしましたよ。

あとはシカに新芽を食われないように対策をする必要があるとの注意が、地主さんからあり、

後日、どのような対策、資材が必要かを調べた上で、再訪する計画です。

八ヶ岳根石岳で男性死亡 岩場から転落か

12月15日 NHK配信
15日午後、八ヶ岳連峰の根石岳に向かう登山道で男性が倒れているのが見つかり、警察に救助されましたが、その後、死亡が確認されました。
警察は、男性が岩場から転落したとみて身元の確認を急ぐとともに、当時の状況を調べています。
15日午後1時半前、八ヶ岳連峰の根石岳に向かう標高2500メートル付近の登山道で登山者から「登山道に人が倒れている」と警察に通報がありました。
警察がヘリコプターを出して男性を救助し茅野市内の病院に運びましたが、体を強く打つなどしてその後、死亡が確認されました。
警察によりますと、男性の荷物が登山道の脇にある高さ5メートルほどの岩場の上で見つかったということで、警察は男性が岩場から転落したとみています。
現場の岩場付近にはこれまでに降った雪が積もっていたということです。
亡くなった男性は、高齢でアイゼンやストックなどの冬山の装備をしていなかったということです。
警察では身元の確認をすすめるとともに、転落した状況など詳しく調べています。

山岳救助ヘリ 有料出動6件 有料化1年の埼玉県

信濃毎日新聞 ウェブ版2019年01月16日から

全国で初めて、公的なヘリコプターによる山岳救助を有料化する改正条例を2018年1月に施行した埼玉県は16日、この1年間に条例を適用した救助は6件あり、徴収した手数料は総額35万円だったと明らかにした。

条例は、無謀な登山を減らすなどの狙いで17年3月に県議会で成立。県は条例に基づき、県内6カ所の区域で遭難した一般登山者を対象に、5分ごとに5千円の手数料を徴収すると定めている。学校行事や救助活動で山に入った人などは除く。17年に実施した救助のうち、施行後であれば有料化の対象だったのは9件。