12月2日に25周年記念講演会

会創立25周年記念講演会
山岳遭難は自分ごと
―まさかのための備えとは?(仮題)―

 

と き:12月2日(日)午後2時(開場1時30分)
ところ:練馬区石神井庁舎5階・会議室

講師 公益社団法人・東京都山岳連盟理事/遭難救助隊隊長
北島 英明 氏

【略歴】1959年、徳島県出身。東京都山岳連盟遭難救助隊隊長、日本山岳協会遭対常任委員、日本レスキュー協議会委員。年間を通じて岩から縦走まで幅広く活動。著書に「山岳遭難は自分ごと まさかのためのセルフレスキュー」(ヤマケイ新書)

登山ブームの影で遭難事故が後を絶ちません。登山をする人にとって山岳遭難は他人ごとではありません。東京都山岳連盟の救助隊隊長として長年、山岳遭難の現場に携わってきた北島さんが、数多くの救助経験から、必要な装備や計画を中止・変更する判断のポイント、緊急時の連絡方法など、「事故に遭わないためにはどうすればいいのか」「もしもの時は、どうすればいいのか」について話されます。「安全に楽しく」山に行くために、ごいっしょに学びましょう。お気軽にご参加ください。

※どなたでも自由にご参加いただけます。参加無料

歓迎!定例会見学 11月は15日(木)

定例会の見学は大歓迎です!

入会してみようかなと思っている方は、まずは定例会の見学がおすすめです。
毎月第3木曜日、午後7時~、練馬区男女共同参画センター2階です。
ぜひ、一度お越しください。
11月は15日(木)です。

12月は望年会のため、会場が変わります。