遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

(中日新聞web2018/10/29から)

長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬
2018.10.30 (産経新聞 THA SANKE NEWSから)

28日午後4時10分ごろ、富岡市妙義町諸戸の妙義山登山道で、東京都江戸川区東小岩の無職、河野寛司さん(75)が遺体で見つかった。発見場所は崖下約70メートルの地点で、富岡署は滑落したとみて調べている。

同署によると、河野さんは8人で登山をしていた。同日午後、「グループの1人が行方不明になった」と消防に通報があり、捜索していた