遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

遭難の岐大生救助 北ア槍ケ岳

(中日新聞web2018/10/29から)

長野県大町市の北アルプス槍ケ岳北鎌尾根(標高約2800メートル)で27日、愛知県一宮市の男子大学生(19)が低体温症のような症状で動けなくなった遭難事故で、長野県警は28日、大学生を近くの山小屋に収容した。大学生にけがはなく、意識もはっきりしている。天候が良ければ、29日に同県松本市の病院に搬送する予定。

県警ヘリが28日午前6時25分ごろ、救助に向かい、大学生の生存を確認した。天候不良のためヘリによる救助は断念し、県警山岳遭難救助隊員ら7人が地上から向かい、大学生を山小屋に運んだ。

大学生は岐阜大工学部2年で、同大によると、工学部1年の男子大学生、OBの30代の男性会社員と一緒に登っていた。

同行した2人は28日、松本市の上高地へ下山。男性会社員は「朝晩は凍り、予想以上の積雪もあって、思ったより行程が進まなかった。登れば登るほど厳しい状況で、1人の体調が悪くなった」と語った。

3人は槍ケ岳山頂を目指し、27日午前4時に北鎌尾根の独標を出発。午前10時半ごろに1人が動けなくなったため、男性会社員らはテントをマット代わりにして大学生を寝かせ、寝袋とヤッケで包んでいた。

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬

妙義山で滑落か 75歳男性が死亡 群馬
2018.10.30 (産経新聞 THA SANKE NEWSから)

28日午後4時10分ごろ、富岡市妙義町諸戸の妙義山登山道で、東京都江戸川区東小岩の無職、河野寛司さん(75)が遺体で見つかった。発見場所は崖下約70メートルの地点で、富岡署は滑落したとみて調べている。

同署によると、河野さんは8人で登山をしていた。同日午後、「グループの1人が行方不明になった」と消防に通報があり、捜索していた

【山岳遭難ニュースから】北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜

北アルプス奥穂高岳で3人遭難、51歳女性が凍死 岐阜
10月21日 23:02 (朝日新聞デジタルより)

岐阜県高山市の北アルプス・奥穂高岳で20日午後5時35分ごろ、茨城県土浦市の会社員女性(51)ら男女3人の登山パーティーから「雪で動けない」と長野県警に通報があった。岐阜県警高山署によると、長野県警が21日朝にヘリコプターで3人を救助したが、女性が凍死した。緊急の野営(ビバーク)に必要な道具は持参していなかったという。
高山署によると、同行した愛知県大府市の会社員男性(51)、三重県鈴鹿市の会社員男性(59)にけがはないという。3人は西穂高岳側の山荘で19日に1泊し、20日は西穂高岳から奥穂高岳の北にある穂高岳山荘に向かっていた。遭難した現場付近には当時、5センチの積雪があり、気温も零下で強風だったという。

12月2日に25周年記念講演会

会創立25周年記念講演会
山岳遭難は自分ごと
―まさかのための備えとは?(仮題)―

 

と き:12月2日(日)午後2時(開場1時30分)
ところ:練馬区石神井庁舎5階・会議室

講師 公益社団法人・東京都山岳連盟理事/遭難救助隊隊長
北島 英明 氏

【略歴】1959年、徳島県出身。東京都山岳連盟遭難救助隊隊長、日本山岳協会遭対常任委員、日本レスキュー協議会委員。年間を通じて岩から縦走まで幅広く活動。著書に「山岳遭難は自分ごと まさかのためのセルフレスキュー」(ヤマケイ新書)

登山ブームの影で遭難事故が後を絶ちません。登山をする人にとって山岳遭難は他人ごとではありません。東京都山岳連盟の救助隊隊長として長年、山岳遭難の現場に携わってきた北島さんが、数多くの救助経験から、必要な装備や計画を中止・変更する判断のポイント、緊急時の連絡方法など、「事故に遭わないためにはどうすればいいのか」「もしもの時は、どうすればいいのか」について話されます。「安全に楽しく」山に行くために、ごいっしょに学びましょう。お気軽にご参加ください。

※どなたでも自由にご参加いただけます。参加無料

歓迎!定例会見学 11月は15日(木)

定例会の見学は大歓迎です!

入会してみようかなと思っている方は、まずは定例会の見学がおすすめです。
毎月第3木曜日、午後7時~、練馬区男女共同参画センター2階です。
ぜひ、一度お越しください。
11月は15日(木)です。

12月は望年会のため、会場が変わります。

石神井山の会ホームページをリニューアル

ホームページをリニューアルします

 

何年かぶりにホームページをリニューアルします。

しばらくはテスト運用になります。ので、拡充、不具合の修正などは順次となります。

ご容赦ください。何か気がつきましたら、メールフォームにて事務局までご連絡ください。

 

管理人(事務局)